入通院慰謝料の考え方と計算方法について

交通事故で傷害を負ってしまったら、治療費とは別に入通院慰謝料を受け取ることができます。しかし、入通院慰謝料はケガをしたことによる精神的な苦痛に対する賠償金ですので、金額に換算するのは難しいものです。
ここでは、入通院慰謝料の考え方と、具体的な計算方法、最大限の慰謝料を受け取るにはどうしたらよいかについて解説します。

交通事故の入通院慰謝料は精神的損害に対する賠償金

交通事故にあってしまい、ケガをした場合の精神的苦痛は大きなものです。痛みや恐怖による苦痛だけではなく、入通院によって普段の日常生活をおくれないことや、仕事ができないことなどによる不安など、個々の事情によってさまざまな苦痛を伴います。

そのため、交通事故によって傷害を負った場合には、治療費の実費や働けなかった期間の休業損害金などの財産的損害の他に、精神的損害として慰謝料の請求が可能です。

これに対し、車両の損壊などの物損に対しての慰謝料は支払われません。思い入れのある愛車を破損して精神的損害を受けたとしても、財産的損害に対する賠償によって損害を補われたとみなされるのが一般的だからです。

入通院慰謝料は治療期間に対する慰謝料

交通事故の入通院慰謝料は、入院・通院期間に対する慰謝料ですので、通院または入院開始後から症状固定前までの期間で計算します。症状固定とは、治療をしてもそれ以上症状が回復しないと医師が判断した時点をいいます。

交通事故による慰謝料には、入通院慰謝料のほかに、後遺障害慰謝料と死亡慰謝料があります。
症状固定後は、後遺障害の認定を受けることで後遺障害慰謝料が支払われます。また万が一被害者が死亡した場合は、死亡慰謝料が支払われます。

慰謝料の3つの算出方法のうち最も高額なのは弁護士基準

交通事故の慰謝料の算出基準には、自賠責基準・任意保険基準・弁護士(裁判)基準の3つがあります。
自賠責基準の金額が最も低く、弁護士基準が最も高く、任意保険基準はその中間というのが一般的です。

交通事故の入通院慰謝料の計算は難しい

精神的な苦痛に対する賠償金の計算は、非常に難しいものです。個々の事情によって苦痛の大きさはさまざまだからです。

自賠責基準の入通院慰謝料は4,200円×治療日数

自賠責基準では、入通院慰謝料の計算方法は決まっていて、特別な事情がある場合にはそれにうわのせする形となります。
自賠責保険基準での入通院慰謝料の計算式は
4,200円(1日の入通院慰謝料)×治療日数
で求められます。

この場合の治療日数とは、治療期間(治療を開始してから症状固定日まで)の日数と、実際に入通院した日数を2倍した日数を比べて少ないほうです。
例えば治療期間が30日で、入院が5日、通院が5日の場合、実際に入通院した日数(5日+5日=10日)の2倍が20日で治療期間の30日より短いので、20日を治療日数とします。

同じ日に2つ以上の医療機関へ通院した場合には1日とします。また、自宅療養中であってもギプス装着期間は入通院日数に含めます。(ギプスの種類によっては例外あり)
医師の診断に基づく場合は整骨院(接骨院)での治療も入通院日数に含めます。診断書に、接骨院での治療の必要性や有効性を記載してもらいましょう。

そして自賠責保険基準の入通院慰謝料は、加害者は請求できません。また、被害者への支払い限度額も120万円までとなっています。
自賠責基準では傷害による損害補償金の限度額が120万円と決められており、限度額の中には慰謝料のほかに治療費や休業損害も含みますので注意が必要です。

任意保険基準の交通事故入通院慰謝料の計算式は非公開

任意保険基準での入通院慰謝料の算定方法は公開されていません。保険会社独自の基準をもちいていますので、保険会社によってもまちまちです。

弁護士基準なら最高額の入通院慰謝料を受け取ることが可能

弁護士基準での入通院慰謝料は、過去の実際の判例を基準にしています。そして、自賠責基準や任意保険基準よりはるかに高額になるケースが多いです。

最大限の慰謝料を獲得するためには弁護士に依頼

交通事故の入通院慰謝料は、個人の事情により金額が変わりますので、算定が難しいものです。
財産的損害は比較的数字にしやすいですが、精神的苦痛というのは数字にしにくいものですから、適切な損害額を実際の慰謝料に反映させるにはコツも必要です。
被害者が妊娠していたなどの特別な事情のあるケースや、加害者が飲酒運転やひき逃げをした場合は、被害者の精神的損害はより大きくなります。
そのような個人の事情により、慰謝料の増額が妥当と考えられるケースでも、個々の事情を確実に証明するためには専門家の手助けが必要となるでしょう。

また、交通事故の入通院慰謝料の算定基準は弁護士基準が一番高額です。そして、弁護士基準での示談を実現するには弁護士の助けが必要でしょう。

交通事故の入通院慰謝料は算定が難しいからこそ、弁護士に相談することで最大限の支払いをうけることが可能になるのです。

当事務所では、もし万が一成果を出すことができなかった場合(賠償金が増額されなかった場合)は、一切の弁護士費用を請求致しません
交通事故の被害にあわれた方は、悩まれる前にまずは当事務所の無料相談を活用いただければと存じます。

無料相談申込みフォーム
トップページへ