交通事故の後遺障害の種類と適正な等級認定を受ける方法

交通事故における後遺障害とは、交通事故によって負った被害者の精神的・肉体的な障害で、回復の見込みがないものを指します。
後遺障害の認定を受けられるのは、その障害によって労働などの能力が低下するものに限られます。そして医学的見地から、交通事故との因果関係などを証明できなくてはいけません。
さらに、後遺障害等級認定を受けられる後遺症の種類と等級は、自動車損害賠償保障法(自賠法)で定められているものに限られます。
定められた障害以外は認定を受けられないのです。

後遺障害の種類は140種類(1級~14級)35系列

交通事故で認定されている後遺障害の種類は、1級から14級まで140種類35系列に分類されます。
おおまかな分類と、代表的な障害や症状をあげていきます。

脳の障害

高次脳機能障害 脳が損傷を受けたことによる記憶障害や認知障害など
遷延性意識障害 脳が損傷を受けたことにより昏睡状態が続くこと(植物状態)

神経系の障害

脊髄損傷 脳が損傷を受けたことによる記憶障害や認知障害など
遷延性意識障害 脊髄(中枢神経)の損傷による運動機能の喪失など

治癒できない、または治らない身体の損傷

外貌醜状(がいぼうしゅうじょう) 顔や頭など人目につく部分に傷あとが残る障害
欠損障害 身体の一部を喪失する障害
変形障害 身体の一部が変形する障害
機能障害 身体の一部が機能しなくなる障害
運動障害 偽関節などによる著しい運動障害

目、鼻、口、耳の損傷

視力障害 視力低下、喪失
嗅覚障害 嗅覚減退、脱失
味覚障害 味覚減退、脱失
言語機能障害 言語機能低下、喪失
嚥下障害 嚥下機能低下、喪失
咀嚼機能障害 咀嚼機能低下、喪失
聴覚障害 聴力レベルの低下、喪失
平行機能障害 三半規管の障害

むちうち

頚椎捻挫型 むちうちで最も多く、頭・首・肩の痛みや動かしにくい症状
神経根症状型 首・肩の痛みや痺れ、力が入りにくい(入らない)、知覚障害
脊髄型 手足の痛みや痺れ、歩行障害、直腸障害、膀胱障害
バレ・リユウー症状 自律神経の損傷による頭痛・吐き気・めまいなどの症状
脳脊髄液減少症 髄液が漏れていることによる頭痛・倦怠感などの症状

後遺障害認定は書面審査のみで行われる

後遺障害の認定手続きは、書面で行います。聞き取りなどは行いませんので陳情には応じてもらえません。
つまり、適正な後遺障害等級認定を受けられるかどうかは、どのような書類を、どのような方法で提出するか、にかかっています。

後遺障害等級認定では、後遺障害診断書を医師に書いてもらい、提出しますが、内容はきちんとチェックしましょう。弁護士にアドバイスを受けるか、一緒にチェックしてもらうと確実です。

書類の提出方法には2通りあり、事前認定と被害者請求から選択できます。
事前認定は医師に書いてもらった後遺障害診断書を保険会社に提出するだけですので、手続き的には楽ですが、示談成立まで損害補償金が支払われないなどのデメリットがあります。もしも保険会社に不信感があるなら、知らないうちに手続きが進められることに不安になることもあるでしょう。

一方被害者請求は、被害者が直接、相手方の自賠責保険会社へ書類を提出します。被害者請求でも、後遺障害診断書のチェックや書類の送付などは弁護士に依頼するとスムーズに行えます。

交通事故との因果関係が認められなければ等級認定されない

後遺障害の認定は、交通事故との因果関係を証明できる後遺症に限って等級認定されます。

例えば、交通事故の程度が軽微で、傷害も軽いものだった場合に、神経障害などの重い後遺症が残ったと主張しても、交通事故だけが原因とは考えにくいと判断され、因果関係が否定されることがあります。
また、後遺症の発症時期が、医学的に見て交通事故によるものとは考えにくいものや、症状の経過が事故の影響とは考えにくい医学的に不自然なものだった場合なども否定される可能性が高いでしょう。

ただし、これはあくまで書面から判断される事項です。
詳細をきちんと記載していなかったがために、因果関係がないと判断されてしまう事態も考えらえます。

適正な後遺障害等級認定を受けるには書類の準備を万全に

後遺障害の認定は、書面のみの審査ですから、書類に不備があったり、実際の治療経過や症状をうまく説明できていないと適切な等級認定を受けられません。

適切な等級認定を受ける方法として一番確実なのは、治療中から弁護士のアドバイスを受け、審査書類をチェックしてもらうことです。被害者請求を選択すれば、書類の提出なども弁護士に依頼できます。

等級認定に納得いかなければ異議申し立てが可能

もしも通知された後遺障害等級に納得がいかない場合には、再審査の請求もできます。ただし、提出する書類の見直しをしなければ、再審査の結果も同じになってしまいます。
再審査を請求する時点で弁護士に相談しても遅すぎることはありません。適切な認定をされなかった理由を調べ、必要書類の準備を手伝ってもらいましょう。

再審査で結果が変わらない場合は、紛争処理の申請という方法もあります。裁判という方法もありますが、あくまで最終手段です。
早い段階で納得のいく等級認定を受けるために、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故で後遺症を負った場合、損害補償を受けられるから大丈夫だと考えるのは早計です。
弁護士から適切なサポートを受けることで、適切な後遺障害等級認定を受け、今後の生活への不安を減らしましょう。

無料相談申込みフォーム
トップページへ