交通事故で手首が痛い!そんな時はTFCC損傷を疑いましょう

交通事故によって手首に痛みが残る場合は、TFCC損傷の後遺症の可能性があります。TFCC損傷とは手首の軟骨を傷付けてしまった際に起こる損傷で、後遺障害にも認定されるケガです。あまり馴染みのないTFCC損傷の概要と後遺障害等級について説明します。

TFCC損傷の症状について

TFCC損傷とは、交通事故によって手首に負荷がかかり、手首の靭帯や軟骨を損傷してしまうケガのことです。TFCCには手首をスムーズに運動させるための歯車のような動きや、衝撃を吸収する働きがあります。

しかし交通事故によって手首に強い衝撃を受けると、TFCCを損傷し、痛みや腫れ、手首の違和感、手首を捻る運動が制限されてしまいます。手首の捻挫と勘違いしやすく、放置されるケースが多いです。もし手首の痛みが続いていたり、ドアノブを捻ったり、雑巾を絞る動作がしづらいのであれば、TFCC損傷の可能性が高いでしょう。

TFCCは見逃されてしまうことも

TFCCを手首の捻挫と勘違いしてしまう原因は、整形外科でも見逃されてしまう可能性が非常に高いケガだからです。TFCCは軟骨と靭帯によって出来ている組織です。どちらもレントゲンには映らないので、TFCCを多く扱っている専門の整形外科でない場合は、ただの捻挫と判断されてしまう可能性が高いのです。

TFCCと判断するためには、MRIを使用する必要があります。MRIを使用すれば、損傷している軟骨を目視でき、TFCC損傷の際に起こる関節の造影剤の漏れも確認ができます。ごくまれに手首の骨が変形し、レントゲンでも確認できるケースもありますが、診察方法としては最適ではありません。

TFCC損傷の診断には、交通事故被害によるケガを多く扱っている整形外科に行く必要があります。もし良い整形外科が見つからなくても、当事務所にご相談頂ければ、交通事故被害によるケガに詳しい顧問医をご紹介できます。またTFCCは交通事故による後遺障害認定を受けられるケガです。認定を受ければ損害賠償を増額できる上に、慰謝料も受け取れます。交通事故で手首を痛めた際には、まずは交通事故に詳しい弁護士と医師に相談することをおすすめします。

TFCC損傷の治療方法について

TFCCには損傷の程度によって、二種類の固定治療を行います。

  • 《ギブスによる固定治療》
    TFCC損傷の程度が強い時には、ギブスによって損傷した手首を中心に腕全体を固定します。固定期間は3~4週間程度で、その期間は骨折をした時と同じようなギブス治療となります
  • 《テーピングやサポーターによる固定治療》
    比較的軽度なTFCC損傷の場合は、テーピングによる固定治療を行います。まずお湯につけて柔らかくした板を手首の型に合わせて固定します。しっかりと板を固定したら、ズレないように、周囲をテーピングやサポーターによって補強します。固定範囲が狭く、自由に腕を使えるようになります。

TFCC損傷の後遺障害等級

手首の捻挫と勘違いしやすく、整形外科医でも見落としがちなTFCC損傷ですが、後遺障害に認定されるケガの一種です。ではTFCC損傷の等級を見ていきましょう。

  • 第10級10号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 第12級6号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 第12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 第14級9号:局部に神経症状を残すもの

TFCC損傷には4つの等級がありますが、多くの場合14級か12級が認定されます。しかしTFCC損傷はあまり馴染みがなく、整形外科医でも見落としがちなケガです。仮に後遺障害が認められても、加害者側保険会社が損害賠償の減額を主張するケースも多いのが現状です。後遺障害認定を受けるには、医師の診断書が重要です。交通事故後に手首の痛みが消えない場合は、TFCC損傷に詳しい専門医に診てもらうようにしましょう。

当事務所にご相談頂ければ、被害者に代わって後遺障害認定を受けるために、直接医師と打ち合わせをします。また損害賠償の減額を主張する加害者側保険会社との話し合いにも対応し、損害賠償金の増額にも尽力いたします。仮に初回診察の際にTFCC損傷と認められなくても、セカンドオピニオンとして、交通事故に関するケガに詳しい専門医をご紹介することも可能です。

後遺障害認定のポイント

後遺障害認定で適切な等級に認定されることで、適切な後遺障害慰謝料を請求することが可能になります。後遺障害認定は、一部の障害を除いて書類審査が原則なので、後遺障害診断書に必要な記載がされているかが何よりポイントとなります。

後遺障害診断書をもらう前の段階で、当事務所に相談に来てくれた方には、診断書にこういうことを書いてもらってください、という具体的なアドバイスを必ずいたします。

そしてもう一つのポイントが、症状の「一貫性」です。

痛いのを我慢してしまい、それをそのままカルテに書かれたりすると、適切な等級が認定されない可能性があります。痛い時にははっきりと痛いと言わないと、後遺障害認定において、症状に一貫性がないとして非該当などになることがあるため十分注意しましょう。

TFCC損傷で後遺障害等級が認められるかどうか無料で診断します

交通事故で手首を痛めたら、念のためTFCC損傷を疑いましょう。TFCC損傷は後遺障害認定を受けられるケガです。認定を受ければ損害賠償や慰謝料の増額を請求できます。認定に関するスムーズな手続きと専門医のセカンドオピニオン、加害者側の保険会社とのやりとりにはぜひ当事務所にお任せください。