交通事故で死亡してしまった場合の慰謝料相場と計算方法

通常、交通事故の損害賠償請求は、加害者から被害者へ支払われるものですが、死亡事故の慰謝料は、被害者がすでに亡くなっているため、加害者から被害者の家族へと支払われます。

被害者が死亡したことによって家族が負った心の傷は、お金で償ってもらう他に方法がありません。

悲しみをお金に換算するのは簡単ではありませんが、死亡事故の慰謝料の相場やその計算方法を知らないままでは、適正な金額でないにも関わらず示談成立となる恐れがあるのです。

そんなことにならないよう、死亡事故の慰謝料の相場とその計算方法について、正しい知識を身につけましょう。

死亡事故慰謝料の3つの基準

まずは慰謝料がどういったものなのかを知りましょう。

慰謝料とは、相手から受けた精神的苦痛をお金にして償ってもらうというものです。

ところが、どれだけ深い精神的苦痛を受けていたとしても、その分だけお金をもらえるわけではありません。

なぜなら、その精神的苦痛を他人が数値化することはできないからです。

こんな金額では納得できないという方もいらっしゃるかもしれませんが、それでは一向に解決できなくなってしまうため、死亡事故の慰謝料は以下の3つの基準が用いられています。

被害者に対する慰謝料

被害者に対する慰謝料の相場も見てみましょう。

自賠責基準

自賠責とは、車やバイクに乗る以上、加入が義務付けられている保険のことで、必要最低限度の補償を受けられるというものです。

最低限度の補償しか受けられないため、自賠責基準はもっとも金額が低く、死亡事故の場合は350万円となっています。

任意保険基準

任意保険は、加入していない限り補償を受けることができませんが、加入していた場合は、自賠責保険よりも多く支払われる特徴があります。

各保険会社が独自の基準を用いているため、金額を明確に示すことはできませんが、以下で説明する裁判所基準よりは少ない金額となります

裁判所基準

裁判所基準は弁護士会基準とも呼ばれることがあり、上記で説明したどの基準よりも高い金額が算定されます。

算定には過去の裁判例などを参考に作成された「赤い本」を使用します。

事情次第で金額は異なりますが、2000~2400万円程度が目安です。

被害者の近親者に対する慰謝料

上記は、亡くなられた被害者への慰謝料ですが、現実は家族といった近親者も深い悲しみを負っています。

そこで、被害者の近親者に対する慰謝料の相場も見てみましょう。

自賠責基準

被害者の近親者として慰謝料請求ができるのは、被害者の父母、子ども、配偶者となります。

自賠責基準では請求権者の数で金額が異なります。

  • 1人 550万円
  • 2人 650万円
  • 3人以上 750万円

任意保険基準

すでに上記でも触れたように、任意保険基準は各保険会社が独自の基準で算定しているため、一概に金額を示すことができませんが、裁判所基準よりは低い金額になります。

裁判所基準

裁判所基準では、被害者の近親者に対する慰謝料は、上記で説明した被害者に対する慰謝料の中に含まれているとの見解を示しています。

よって、目安として出した2000~2400万円の中に、近親者への慰謝料も含まれているため、個別に請求するのは難しいと言えます。

裁判所基準の請求は簡単ではない

上記の説明からもわかるように、慰謝料請求するのであれば裁判所基準に則った金額を請求するに越したことはありません。

しかし、単に裁判所基準で請求しますといっても、加害者側や保険会社側に取り合ってもらえないケースがほとんどです。

はい、わかりましたと支払ってくれるのであれば、裁判にまで発展したりはしないのです。

裁判所基準というのは、実際に裁判をするのを想定する必要があるため、この金額になるという根拠を示す必要があります。

ところが、一般の方からすれば、過去の裁判例と言われても簡単に見つけられませんし、交渉のプロである保険会社側と対等に話し合うのも困難です。

慰謝料請求は当事務所にご依頼ください

ここで登場するのが、同じく交渉のプロである弁護士です。

弁護士であれば裁判を視野に入れた交渉が可能となり、保険会社側も実際に裁判を起こされる事態を想定しながら交渉へと臨まなければならなくなります。

たったこれだけのことで、保険会社側がもともと提示していた金額よりも上乗せしてくれるケースはいくらでもあるのです。

慰謝料請求に弁護士が携わるというのは、想像以上に大きな効果をもたらしてくれるのです。

100万円の1割は10万円ですが、1000万円の1割は100万円です。

もちろん、当事務所も適正な金額が支払われるよう全力で交渉に臨みます。また、当事務所では裁判所基準をベースに請求するため、提示金額からの上乗せが前提の交渉です。

当事務所が心がけていること

当事務所では、死亡事故の場合、ご遺族の方のお話をしっかり聞くことを心がけております。

もちろん交通事故の内容も重要ではありますが、なによりもご遺族の方は傷ついておられるため、事件云々ではなく、まずはお気持ちを聞かせていただきながら現状を把握していきます。

そして、どれだけ傷ついておられるかを慰謝料額に反映させるよう交渉を行うのが、当事務所のスタイルです。裁判も当然視野に入れるため、適正な金額が支払わるよう全力でサポートいたします。

無料相談申込みフォーム
トップページへ