遷延性意識障害(植物状態)の後遺障害等級認定を弁護士に依頼する場合

みなさんは遷延性意識障害という言葉をご存じでしょうか?

遷延性意識障害は、交通事故が原因でなり得る後遺障害の1つで、多くの方が理解しやすい言葉で説明すると、いわゆる「植物状態」になってしまうことを指しています。

今回は、この遷延性意識障害について知っておきたい知識を中心に詳しくご説明していきます。

遷延性意識障害で知っておきたい知識

冒頭にて遷延性意識障害がいわゆる植物状態であることをご説明しました。

とはいえ、この植物状態とは具体的にどういった状態になるのでしょうか?

日本脳神経外科学会では、以下のような状態が治療を継続しているにも関わらず、3ヶ月以上続いてしまった場合に、遷延性意識障害であると定義しています。

  • 自力移動が不可能である
  • 自力摂食が不可能である
  • 糞・尿失禁がある
  • 声を出しても意味のある発語が全く不可能である
  • 簡単な命令には辛うじて応じることも出来るが、ほとんど意思疎通は不可能である
  • 眼球は動いていても認識することは出来ない

上記をご覧になられた方はすでにわかるように、遷延性意識障害というのは非常に重い症状であるため、数ある交通事故の後遺障害の中でもっとも重い等級(常時介護が必要な第1級1号)認定がされています。

当然、残された家族の負担も多大なものとなってしまいます。この負担を賄うためにも、相手からは適正な損害賠償金を支払ってもらわねばなりません。

成年後見人の選任

上記の日本脳神経外科学会が定義している状態の中に、「ほとんど意思疎通は不可能である」とあります。

意思疎通できないということは、損害賠償請求を自身で行えないということ。

当然、後遺障害等級認定の手続きは進める必要がありますが、意思疎通ができない状態では法的な手続きに着手することができないため、「成年後見人」を選任させる必要が出てきます。

成年後見人とは、本人に代わって法律行為を行える権限を与えられた方のことで、主にご家族の方が被害者に代わり損害賠償請求を行うために選任手続きを行います。

この成年後見人の選任手続きは、家庭裁判所にて行う必要がありますので、法律の専門家である弁護士のサポートがあるに越したことはありません。

もちろん当事務所でも、成年後見人選任のサポートについてのご相談もお受けしております。(交通事故被害者の代わりとなる成年後見人の申し立て方法はこちらをご参照ください。)

損害賠償請求

成年後見人の選任と後遺障害等級認定が完了すれば、次は実際に損害賠償請求を行っていくことになります。

遷延性意識障害の場合、主に以下が問題となる争点です。

  • 余命期間
  • 生活費
  • 介護費
  • (在宅介護の場合)自宅のリフォーム費用
  • 定期賠償金の有無

いずれも重大な問題なのですが、特に余命期間と低額賠償については保険会社側との争いが多く、支払い額を抑えたい保険会社としては、遷延性意識障害の場合、余命期間が短いと主張し、最低限の支払い額を提案してくるのがセオリーです。

また、通常、交通事故における賠償金は一括で支払われるのですが、遷延性式傷害の場合、定額賠償金(毎月支払う賠償金のこと)を提案されるなど、不利な条件を押し付けられることもめずらしくはありません。

遷延性意識障害に関するご相談は当事務所にお任せ

遷延性意識障害の場合、損賠賠償金額を億単位になるケースも多いことから、適正額の支払いを得るには法律のプロである弁護士の中でも、さらに交通事故問題に特化した弁護士に依頼すべきです。

どの弁護士でも良いというわけではない点に注意してください。

なお、当事務所は、交通事故問題に特化した法律事務所であり、遷延性意識障害に関する様々なケースに対応できるだけの知識や経験を兼ね備えております。

もちろん、疲弊しているご家族の方のサポートも含め、精一杯尽力させていただきます。

遷延性意識障害についてお困りの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。