後遺障害1級の案件について後見人選任申立のサポートをした上で総額4550万円の賠償金を得た事例

外傷性硬膜下血腫 1級

保険会社提示額 最終獲得額
0 4550

ご相談内容

被害者 80代無職女性
部位
傷病名 外傷性硬膜下血腫
後遺障害等級 1級
獲得金額 4550万円

母親が自動車にひかれて寝たきりの状態になった。

今後の病院代もあるので可能な限りの賠償を受けたい。

母親は寝たきりのない状態であるが手続はどうすればいいのか。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 1級
入通院慰謝料 0 450 450
休業損害 0 0 0
逸失利益 0 300 300
後遺障害慰謝料 0 3200 3200
治療費 0 400 400
後見人報酬 0 100 100
その他(入通院雑費等) 0 100 100
合計 0 4550 4550
単位:万円

被害者は相談者のお母様でしたが、お母様が寝たきりの状態ですので、損害賠償請求をする前提として、その主体として法律上の後見人を選任する必要がありました。

そこで当職はただちに後見人選任の申立を家庭裁判所のおこない、当職自身が後見人に就任し、財産管理の業務をおこない、あわせて損害賠償請求をおこないました。

請求においては後見人報酬も損害に含まれるので、この点を含め最大限の請求をかけました。

その後の交渉においては個室利用料が損害に含まれるか等が争点になりましたが、粘り強く交渉し、結果として総額4550万円の賠償金を得ることになりました。

解決内容

治療費、慰謝料、逸失利益(将来の看護料)に加え、後見人報酬や雑費などを加えて総額4,550万円の賠償金を獲得しました。

所感(担当弁護士より)

大きな事故により被害者が寝たきりになった案件では、損害賠償請求の前提として後見人を選任する必要が生じます。

この手続についても、当事務所は専門的なサポートをさせていただいております。

なお判例理論により、後見人報酬は損害として請求できるので、この点を落としてはなりません。

大きな交通事故の案件は損害賠償の金額も大きくなることから、相手方保険会社もなかなか折れてきませんが、こういう案件こそ証拠資料や判例を用いて粘り強く交渉することが肝要です。

また損害項目のある部分について譲歩するのであれば他の部分については相手方に譲歩させるなどの交渉テクニックも重要です。

金額の大きい案件になるほど、依頼する法律事務所による結果の差が大きくなると言えます。

その他の解決事例

少額案件であるが弁護士特約に加入していたおかげで弁護士が介入し素早い解決が可能となった事例

物損事故

物損事故

保険会社提示額 最終獲得額
0 3

サポートにより非該当が12級に変更され1,100万円の増額を得た事例

関節唇損傷 12級

保険会社提示額 最終獲得額
100 1200

サポートにより夫婦ともに14級の認定を受け夫婦で総額600万円の賠償を受けた事例

首・頚椎

外傷性頚部症候群 14級

保険会社提示額 最終獲得額
0 600

自転車事故で相手方保険会社が既往症を根拠に一切の支払を拒否した案件で、訴訟を提起して200万円の賠償金を得た事例

外傷性腰椎椎間板ヘルニア 14級

保険会社提示額 最終獲得額
0 200

高次脳機能障害の案件で1000万円以上の増額を得た案件

高次脳機能障害

外傷性慢性硬膜下血腫 9級

保険会社提示額 最終獲得額
800 1850

後遺症12級の案件で当事務所が介入したことにより700万円以上増額された事例

左膝内側側副靭帯損傷 12級

保険会社提示額 最終獲得額
335 1040

後遺症11級で相手方保険会社が人身傷害支払分以上の賠償を拒否した案件で、訴訟を提起して追加賠償金として550万円(総額1,350万円)を獲得した事例

右第2腰椎破裂骨折 11級

保険会社提示額 最終獲得額
800 1350

長期間音信不通の親戚が交通事故で死亡した案件で、唯一の相続人であった依頼者が慰謝料の相続分として1850万円を得た事例

死亡事故

死亡事故

保険会社提示額 最終獲得額
0 1850
無料相談申込みフォーム
トップページへ