サポートにより夫婦ともに14級の認定を受け夫婦で総額600万円の賠償を受けた事例

ご相談内容

被害者 50代自営業者男性、50代主婦
部位
傷病名 外傷性頚部症候群
後遺障害等級 14級
獲得金額 600万円(夫婦合わせて)

夫婦で乗車していた車が追突され、夫婦ともに首を捻挫してむちうちの痛みがおさまらない。

事故から半年が経過して保険会社から治療打ち切りと言われた。

大手法律事務所に相談の電話をかけたら「後遺障害の認定を受けてから相談して下さい」と言われた。

後遺障害の認定を受けていない段階で相談を聞いてもらえるのか。

後遺症認定のサポートを受けられるのか。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 0 200 200
休業損害 0 20 20
逸失利益 0 160 160
後遺障害慰謝料
修理費 0 220 220
合計 0 600 600

※上記夫婦合わせての金額

当事務所は交通事故を専門にしている事務所なので、どの段階であっても(後遺障害の認定を受けていない段階であっても)相談も受任も可能であること、また当事務所は後遺障害の認定についても専門的なサポートができることを依頼者にお伝えし、受任することになりました。

主治医の話を聞いたところ症状固定の段階にあることは確かなようなので、後遺障害診断書の作成を依頼することにしました。

作成にあたっては、後遺障害の認定のために有意となる神経学的テスト(ジャクソンテスト、スパークリングテスト)の結果等を記載してもらうよう依頼者に説明しました。

結果として詳細な内容の後遺障害診断書の取り付けに成功し、それを提出して後遺障害認定の申請をしたところ、夫婦ともに14級の認定を受けることができました。

その後、14級を前提とした慰謝料や逸失利益について最大限の請求を保険会社にして、結果として夫婦合わせて総額600万円の賠償金を得ることができました。

夫婦ともに後遺症の認定を受けられたので依頼者には大変喜んでいただきました。

解決内容

慰謝料や逸失利益などで夫婦合わせて総額600万円の賠償金を得ました。

所感(担当弁護士より)

後遺障害の認定については後遺障害診断書の記載内容が重要なファクターとなります。

交通事故を専門にしている当事務所は後遺障害認定のために必要となる要素を把握しておりますので、後遺障害診断書の作成について専門的なサポートをしております。

本件はこのサポートが功を奏した典型的事例です。

当事務所は、後遺症認定後の増額交渉はもちろん、認定前の段階において後遺症を認定させるプロセスについても専門的なサポートをさせていただいております。