顧問による意見書を添付して異議申立をおこない、等級を獲得して大幅な増額を得た案件

首・頚椎

外傷性頚部症候群 14級

保険会社提示額 最終獲得額
120 370

ご相談内容

被害者 20代会社員男性
部位
傷病名 外傷性頚部症候群
後遺障害等級 14級
獲得金額 370万円

信号待ち中に追突された。首の痛みが治らないのでできるだけ賠償金を得たい。痛みは現在も続いているのでできれば後遺障害の認定をしてもらいたい。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 50 110 60
休業損害 70 70 0
逸失利益 0 80 80
後遺障害慰謝料 0 110 110
合計 120 370 250
単位:万円

依頼者はいわゆる首のむち打ちで約6か月通院しても痛みが治まらないので、後遺障害診断書を主治医に作成してもらって後遺障害の等級認定の手続にかけた。

ところが自賠責事務所からは後遺障害非該当の判断が下された。そこで当事務所が顧問の整形外科医に資料を見せて検討してもらったところ、異議申立をすると等級認定の可能性があるとのことであった。

当事務所は顧問医に意見書を作成してもらい、さらに弁護士からの意見書も作成して異議申立をおこなった。結果として判断が覆り、後遺障害14級の認定を得た。

解決内容

後遺障害の認定を得たことで、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益を獲得でき、認定がない状況と比べて約3倍の大幅な増額を得た金額で示談した。

所感(担当弁護士より)

首や腰のむち打ちは交通事故による受傷の中でもっとも多い類型の怪我です。

むち打ちであっても重たいものだと長期通院しても痛みが残るケースがあります。その場合後遺障害認定の申請をかけるのですが、むち打ちで外傷性の所見がない場合は認定が出ないケースも多いです。

当事務所は、事務所に顧問の整形外科医を置き、後遺障害認定について高度な専門的サポートをおこなっています。顧問医に資料を見せて検討(スクリーニング)してもらい、異議申立が通る可能性がある案件については顧問医の意見書を作成して異議申立をおこないます。

本件は異議申立が成功したケースです。後遺障害に認定されるのとそうでないのとでは大幅に賠償金の金額が変わってきます(本件では約250万円の増額)。当事務所は後遺障害認定サポートに強い自信を持っておりますので、お気軽にご相談下さい。

その他の解決事例

無料相談申込みフォーム
トップページへ