高次脳機能障害の案件で1000万円以上の増額を得た案件

高次脳機能障害

外傷性慢性硬膜下血腫 9級

保険会社提示額 最終獲得額
800 1850

ご相談内容

被害者 70代男性
部位
傷病名 外傷性慢性硬膜下血腫
後遺障害等級 9級
獲得金額 1850万円

後遺障害9級の認定を受け相手方保険会社から示談案が来た。金額が妥当かどうか分からないので確認してほしい。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 9級 9級
入通院慰謝料 100 200 100
休業損害 150 350 200
逸失利益 150 610 460
後遺障害慰謝料  400 690 290
合計 800 1850 1050
単位:万円

保険会社の提案を見ると、通院慰謝料と後遺障害慰謝料ともに裁判基準よりも低いものでした。

そこで当職は慰謝料につき裁判基準で支払うよう相手方保険会社に請求しました。また休業損害は自賠責の基準で提案されており、逸失利益も自賠責の基準をもとにした低い金額の提案でした。

依頼者は自営業者で、低くない収入があったのですが、依頼者は申告をしていないなかったので所得証明書における収入はゼロとなっていました。それもあって保険会社が低い最低限の提案をしてきているという案件でした。

もっとも依頼者と詳細に打ち合わせた結果、収入について請求書や帳簿などの証拠資料が残っていることが分かり、また売上は銀行口座に振り込まれていました。

そこで当職は請求書、帳簿、口座記録などを取り揃えて相手方保険会社に送付し、休業損害と逸失利益を増額するよう強く交渉しました。

結果として保険会社は休業損害と逸失利益ともに大幅な増額をすることを認めてきました。慰謝料も増額されたので結果として大きな増額を得ることに成功しました。

解決内容

総額で当初の提案より1050万円の増額された金額で示談をしました。

所感(担当弁護士より)

休業損害や逸失利益の算定においては基礎収入が重要な要素となります。

自営業者の場合、基礎収入は原則的に所得証明書の金額が基礎とされますが、自営業者においては申告上の所得額と実際の所得額が異なっているというケースもままあります。

そのような場合、専門の弁護士がノウハウを駆使して証拠を揃えるることで増額を勝ち取れることがあります。

この案件はその典型的な例です。

後遺症が認定されているケースでは増額の金額も大きいので、専門弁護士の無料相談を活用すべきです。当事務所は、多数の後遺症案件において示談金増額に成功しております。

その他の解決事例

自転車事故で相手方保険会社が既往症を根拠に一切の支払を拒否した案件で、訴訟を提起して200万円の賠償金を得た事例

外傷性腰椎椎間板ヘルニア 14級

保険会社提示額 最終獲得額
0 200

後遺症14級での当初の示談時点以降に等級が12級に変更された事案で保険会社提示より400万円の増額を得た事例

顔(目・鼻・口・耳)

頬骨骨折 12級

保険会社提示額 最終獲得額
300 700

後遺障害1級の案件について後見人選任申立のサポートをした上で総額4550万円の賠償金を得た事例

外傷性硬膜下血腫 1級

保険会社提示額 最終獲得額
0 4550

長期間音信不通の親戚が交通事故で死亡した案件で、唯一の相続人であった依頼者が慰謝料の相続分として1850万円を得た事例

死亡事故

死亡事故

保険会社提示額 最終獲得額
0 1850

大学生が後遺症12級の認定を受けた案件で保険会社提示よりも1200万円の増額を得た事例

腕・肘・手

左長母趾伸筋腱断裂 12級

保険会社提示額 最終獲得額
200 1400

サポートにより後遺障害診断書の内容を追加して14級の認定を受けた事例

首・頚椎

外傷性頚部症候群 14級

保険会社提示額 最終獲得額
80 400

当事務所介入後に後遺症12級が認定されて1500万円近くの増額がなされた事例

靭帯断裂 12級

保険会社提示額 最終獲得額
10 1500

大学生が被害者の事例で後遺症12級で500万円の増額を得た事例

腕・肘・手

右小指離断 12級

保険会社提示額 最終獲得額
1500 2000
無料相談申込みフォーム
トップページへ