大学生が被害者の事例で後遺症12級で500万円の増額を得た事例

ご相談内容

被害者 20代大学生男性
部位 右小指
傷病名 離断
後遺障害等級 12級
獲得金額 2000万円

自転車に乗っているところをトラックにはねられた。後遺症12級の認定を受け、保険会社から1500万円で示談することを提案されている。この示談金額は妥当なのか。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 12級 12級
入通院慰謝料 80 120 40
休業損害
逸失利益 1320 1590 270
後遺障害慰謝料 100 290 190
合計 1500 2000 500

保険会社からの示談案を確認したところ、入通院慰謝料及び後遺障害慰謝料ともに法律上の基準よりもやや低く、また、逸失利益は法律上の基準よりも相当程度低い金額でした。当事務所はただちに法律上の基準で請求をおこないました。依頼者は大学生であるところ、逸失利益の算定においては大卒平均収入を基礎収入で計算すべきであるのに、保険会社示談案では全男性平均の収入で計算していたので、特にこの点を強く保険会社に主張しました。結果的には、当事務所の主張がほぼ全面的に認められ、当初提案よりも500万円増額された2000万円という高額の示談金を得ることができました。

解決内容

慰謝料と逸失利益を含め2000万円を取得するという内容で示談しました。

所感(担当弁護士より)

当事務所では、後遺症が認定されている案件では、現在に至るまで増額業務に失敗したことはありません。受任した全ての案件で当初保険会社提示より増額させることに成功しております。保険会社からの提案は、著しく低いものもあれば、本件のようにある程度高い金額(本件では1500万円)が提案される場合もあります。しかし、弁護士介入前の保険会社からの提案は、本件のように金額的にそう低くはなくくても、法律上の基準よりは低くなっています。特に逸失利益の算定において、保険会社の提案は法律上の基準とかけ離れていることが多いです。後遺症の認定されている案件では、ある程度の提案を受けた場合であっても、示談書にハンコを押す前に専門弁護士にその金額の妥当性を相談することが肝心です。なお本件では、受任から約1か月で最終示談後の増額された金額を入金させることに成功致しました。当事務所では、素早い対応にも重きを置いております。