サポートにより非該当が12級に変更され1,100万円の増額を得た事例

ご相談内容

被害者 40代自営業男性
部位 右肩
傷病名 関節唇損傷
後遺障害等級 12級
獲得金額 1200万円

追突事故の衝撃で右肩を強打し、その後右肩が動かなくなってしまった。

2回手術を受けたがもとどおりにならない。

右肩が動かない影響で自営収入が大きく減ったので、後遺症の認定を受けてその分の填補を受けたい。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 非該当 12級
入通院慰謝料 50 200 150
休業損害 50 170 120
逸失利益 0 550 550
後遺障害慰謝料 0 280 280
合計 100 1200 1100

本件は最初の後遺症認定では「明らかな外傷性の異常所見が認められない」として非該当の判断が出されました。

しかし当職が、交通事故の態様、受傷の状況、治療履歴、現在の症状等を依頼者から詳細に聞き取ったところ、依頼者は本件交通事故の際に右肩を強打しており、その後2回にわたって手術を受けたにもかかわらずもとどおりにならず可動域に大きな制限があるというのであり,上記非該当の判断は明らかに不当だと考えられるものでした。

そこで当職は,依頼者と共に主治医のもとに赴き、綿密な打ち合わせをして意見書の作成を依頼しました。

また当職自身も、画像やカルテを精査して主張を整理し、詳細な意見書を作成しました。

そうして医師及び当職の意見書を添えて異議申立をした結果,本件交通事故受傷を原因とする右肩関節の機能障害が認められ後遺障害12級6号が認められました。

これを受け、当職は裁判基準での最大限の慰謝料を請求し、さらに休業損害と逸失利益を請求しました。

結果、当初の提示よりも大幅な増額を得ることができました。

解決内容

入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、休業損害、逸失利益を合わせて1,100万円の増額を得て1,200万円の賠償金を得ました。

所感(担当弁護士より)

本件については非該当の判断は明白に不当と思われるものでした。

自賠責調査事務所の最初の判断においては,本件のように明らかな不当な判断が出ることもあります。

そのようなケースでは当事務所のような専門的事務所のサポートにより異議申立をすべきです。

本件からも明らかなように、後遺症が認定されるのとされないのとでは賠償金の額が大幅に異なります。

当事務所は顧問医を置くなどして、後遺症案件において一般の法律事務所よりも高度な専門的サポートをさせていただております。