交通事故被害でむち打ちの後遺障害が残った場合の等級認定

むち打ちの後遺障害認定というのは、困難を伴うケースが非常に多くなっています。

そもそもむち打ちというのは、交通事故の際の強い衝撃などが原因で起こり、正式には頸部挫傷、外傷性頸部症候群、頸椎捻挫、といった診断がなされる症状のことです。

しかし、目に見えてわかる症状ばかりではないことから、医師に自覚症状をしっかり説明できていないと、すでに完治したと勘違いされ、後遺障害認定が認められないケースが多くあるのです。

後遺障害認定が認められないとなると、後遺障害慰謝料を請求することもできません。

受け取れる金額に大きな差が生じてしまうのです。

こういった不利益を被らないよう、むち打ちの後遺障害認定は弁護士に相談しましょう。

異常はないと診断されることも

冒頭でも触れたように、むち打ち症は目に見えてわかる症状ばかりではありません。レントゲンやX線検査だけで判断されてしまうと、異常はないと診断されてしまうこともあるのです。

ここで異常がないのだと思い込んでしまうと、そのまま期間だけが経過してしまい、症状は悪化してしまったにもかかわらず、交通事故との因果関係はないと判断されてしまいます。

そうなれば、当然、後遺障害が認定されることもなくなってしまいます。むち打ち症は、医師が異常はないと診断しても、自覚症状がある以上、その事実を必ず伝えましょう。

専門病院での適切な治療が重要

交通事故で外傷を負った場合、通常は整形外科で診察を受けることになります。

多くの方が整形外科を受診すれば良いと考えているのではないでしょうか?

しかし、整形外科ではむち打ちについて、適正な診察ができないことがほとんどです。

もちろん整形外科の医師も、むち打ちに対する深い知識を有しているわけではないため、専門病院で適切な治療を受けるようにしなければ、後遺障害認定の申請などできなくなってしまいます。

とはいえ、現実はどこから手をつけたら良いのかわからない方がほとんどです。

そこで、むち打ちの問題にお困りの際は、後遺障害認定も視野にいれた上で、交通事故問題に詳しい弁護士に相談することがなによりも大切です。

弁護士への相談は1日でも早く

ただし、むち打ち症における後遺障害認定は、期間が経過してしまうと認められなくなってしまう可能性が高くなってしまうため、なるべく早いうちにご相談へと来られることを強くおすすめします。

では、なぜ早い方が良いのでしょうか?

この理由は、治療中の段階から適切な検査や治療が受けられるよう促すことができるためです。

その他にも、通院の仕方についてのアドバイスだけでなく、交通事故における心のケアなど、様々なメリットがあります。

なにより、初めから弁護士に相談し、むち打ちを視野にいれて治療を受けるのと、そうでないのとでは大きな違いとなります。1日でも早くご相談ください。

むち打ち症は当事務所にお任せを

むち打ち症について当事務所にご相談いただければ、後遺障害認定のためにどういった病院で治療を受ければ良いのかなど、手続きを有利に進める方法についてわかりやすくご説明させていただきます。

交通事故問題で損をする方の多くは、知識不足がなによりの原因です。

その点、当事務所であれば、過去の実績や豊富な経験から手続きを適正に導くことができるのでご安心ください。適正な金額が支払われるよう、全力でサポートさせていただきます。

少しでも「むち打ちかな?」と感じるようなことがあれば、まずは当事務所にご相談ください。

無料相談申込みフォーム
トップページへ