むち打ちで適切な後遺障害等級認定を受けるためには、なぜ弁護士に依頼すべきなのか

交通事故でむち打ちになり、症状固定時に後遺症が残った場合、その症状の内容や程度が、自賠法施行令の後遺障害等級表の12級13号又は14級9号に該当するかが問題になります。

では、むち打ちで適切な後遺障害等級認定を受けるためには、なぜ弁護士に依頼すべきなのでしょうか。

弁護士に依頼すれば、そのサポートのもと、定期的な通院や必要となる検査について適切なアドバイスをしてもらえ、等級認定に必要な資料の収集や後遺障害診断書の内容のチェックなどにより、適正な後遺障害等級認定の獲得が期待できるのです。

以下においては、むち打ちが後遺障害になるポイントなどに触れながら、なぜ弁護士に依頼すべきなのかについて、考えていくこととします。

むち打ちとは

むち打ちとは、交通事故に遭い、首がむちのようにしなることで起こる頸部外傷の局所症状の総称です。

むち打ちは、医学的な傷病名ではなく、傷病名としては、頸椎捻挫、頸部挫傷、外傷性頸部症候群などと表現されます。

むち打ちが後遺障害といえるための要件

自賠法施行令の後遺障害等級表によれば、むち打ちは、12級の「局部に頑固な神経症状を残すもの」(13号)、14級の「局部に神経症状を残すもの」(9号)に該当した場合に、後遺障害に認定されます。

それぞれの場合について、検討することにします。

12級13号の場合

12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」とは、被害者の自覚症状が、他覚的所見によって、医学的に証明できた場合です。

12級13号の認定を受けるためには、被害者の自覚症状(知覚障害、局部のしびれ感、麻痺など)が、他覚的所見、すなわち、理学的検査(視診、打診、聴診、触診)、画像所見(レントゲン画像、CT画像、MRI画像など)や神経学的所見(神経学的検査を実施した上での所見)によって、客観的に異常所見と確認され、かつその異常が当該交通事故の骨折等の外傷による器質的損傷と認められる必要があります。

 
このような場合に、被害者の自覚症状が、他覚的所見によって、医学的に証明できたといえることになります。

14級9号の場合

14級13号の「局部に神経症状を残すもの」とは、被害者の自覚症状が、医学的に説明できた場合です。

14級13号の認定を受けるためには、被害者の自覚症状(頭痛、めまい、疲労感など)が、他覚的所見は認められないものの、医師による理学的検査や神経学的所見と一致している必要があります。(神経学的検査を実施した上での所見。神経学的検査では、患者の意思と無関係に結果が得られる深部腱反射検査及び筋萎縮検査の検査結果が重視されます)

そして、治療状況や症状推移などから症状が一貫していること、将来においても回復困難と認められることであれば、14級13号の「局部に神経症状を残すもの」に該当することになります。(14級か非該当のボーダーラインの場合、医師の所見が特に重要になります)

このような場合に、被害者の自覚症状が、医学的に説明できたといえることになります。

通院の仕方

なお、14級13号として認定されるためには、一般的に、事故受傷から少なくとも6か月以上、なるべく1週間に2回以上(整骨院を併用している場合は、少なくとも1週間に1回以上)、整形外科に通院し、かつ、初診時から症状固定までの間、自覚症状が継続していて一貫性が認められることが重要になります。

むち打ちが後遺障害になるポイント

自覚症状をカルテ・診断書に残すこと

症状が目に見えにくいため、症状固定時の自覚症状(例えば、しびれ、痛み、頭痛、めまい、吐き気、だるさなど)を正しく医師に伝え、後遺障害診断書の「自覚症状」の欄に記載してもらいます。

また、初診の医師に対しては、頸部痛、腰痛などの自覚症状を訴えてカルテに記載してもらうこと、頸部痛、腰部痛、手足のしびれなどの症状が治療中も続いていた場合は、受診の都度その症状を訴えてカルテに記載してもらい、症状固定時まで継続的に治療を受け、上記のような症状が一貫していたことが分かるように、カルテや後遺障害診断書に記載してもらう必要があります。

適切な検査を受けること

画像診断については、レントゲン検査、CT検査、MRI検査がありますが、MRI検査は必須になります。

また、事故当初からのMRI画像は、神経根圧迫状態等の経緯を観察する上で、重要な役割を果たしますので、MRI(0.5テスラ、1.5テスラ、3.0テスラの順に性能が高くなり、3.0テスラでは末梢脳血管や末梢神経の状態まで確認できますので、むち打ちの被害者は3.0テスラで頸部、腰部を撮影してもらうことが必要です)の撮影装置を常備した病院に通院した方が望ましいといえます。

そして、しびれなどの異常知覚がある場合には、必ず頸部や腰部のMRIの撮影をもらうことです。

MRIの画像所見がなければ、現実問題として、後遺障害等級認定が難しくなります。

神経学的検査としては、深部腱反射検査、病的反射検査、筋力検査、握力検査、知覚検査、徒手筋力検査、筋萎縮検査、ジャクソンテスト、スパーリングテストなどがあります。

被害者は、これらの検査の必要性や重要性を訴えて検査を受けるようにし、その際異常所見があれば、必ず医師に後遺障害診断書に記載してもらうことです。

 

後遺障害診断書の重要性

むち打ちに関する後遺障害診断書には、特に、症状固定日、傷病名、初期の所見、治療経過、症状の変化、自覚症状(被害者の訴えている症状が網羅され、しかも、具体的かつ詳細に記載されていること)、検査結果(レントゲン・CT・MRIの画像などで外傷の有無が確認できること、必要な検査データが表記されていること)、他覚的所見(医師が理学的検査、画像所見や神経学的所見によって客観的に把握したことが記載されていること)の内容が正確に記載されている必要があります。

それは、後遺障害等級認定が、基本的に「書面主義」のため、症状固定時の状態が記載された後遺障害診断書が最も重視され、経過診断書や各種検査結果等と併せて、等級認定の判断がなされるからです。

この点、当事務所の弁護士であれば、適正な等級認定に必要な医学的知識、法律知識が身についており、しかも、等級認定に必要なノウハウにも長けていることから、後遺障害診断書の内容をチェックして、医師に訂正を促し、医療照会によって後遺障害診断書の内容の不足を補うことができるのです。

まとめ

むち打ちの後遺症が、後遺障害非該当となることも少なくありません。

むち打ちの後遺症が、後遺障害に該当するといえるためには、被害者の自覚症状の訴えだけで認定されることはなく、他覚的所見や客観的な裏付けが必要となります。

弁護士に依頼すれば、そのサポートのもと、定期的な通院や必要となる検査について適切なアドバイスをしてもらえ、等級認定に必要な資料の収集や後遺障害診断書の内容のチェックなどにより、適正な後遺障害等級認定の獲得が期待できるのです。

無料相談申込みフォーム
事務所案内
弁護士法人コールグリーン 京都オフィス

京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町577-2
太陽生命御池ビル2階

京都オフィスはこちら
弁護士法人コールグリーン 浜松オフィス

静岡県浜松市中区砂山町325-10
新日本ビルジング4階

浜松オフィスはこちら
トップページへ