症状固定と後遺障害等級認定の申請方法の解説

交通事故の被害に遭ってしまった場合、相手側の保険会社と損害賠償金について示談交渉をしなければなりません。

しかし、交通事故問題には専門用語も多く、また、普段からやり慣れた手続きではないため、なかなかうまく進めていけない方が多いのではないでしょうか?

特に、保険会社側から「症状固定」、「事前認定」といった言葉が出てくると、なんのことだかわからず、戸惑ってしまう方がたくさんいらっしゃいます。

そこで今回は、症状固定と後遺障害等級認定(事前認定・被害者請求)について詳しくご説明していきましょう。

症状固定とは?

症状固定とは、言葉そのままの意味ですが、交通事故によって負った症状がこれ以上は改善されない(固定される)という意味で使われます。

ところが、保険会社から症状固定という言葉が出てきた場合は、単に治療費の打ち切りという意味合いが強いです。

つまり、保険会社側から症状固定といった言葉が出てきたら、それ以降の治療費はいったん打ち切りたいということ。

しかし、本来、症状固定というのは保険会社側が判断することではなく、患者の状態や症状などから主治医が判断しなければなりません。

一方的に症状固定だと治療費を打ち切られた場合は、医師には症状固定と言われていないと伝え、治療費の延長を求めるようにしましょう。

後遺障害等級認定について

医師が完治ではなく、症状固定と判断したということは後遺症があるということ。

よって、次は後遺障害等級認定へと臨むことになります。この認定結果は、損害賠償請求できる金額の算定基準の1つになり得るため、非常に重要な手続きとなります。

そして後遺障害等級認定には主に2つの申請方法があり、状況に応じて被害者側で使い分けることができるのです。

事前認定とは?

事前認定とは、後遺障害等級認定の申請方法の1つで、加害者側の保険会社に一括して手続きしてもらう方法のことです。

以下で説明する被害者請求とは違って、自身で用意しなければならない書類もそれほど多くはなく、任せているだけで終わってしまうため手間がかかりません。

しかし、被害者の立場から立証してくれるわけではないため、資料や主張が不足したために、本来であれば認められるはずの等級が認定されない恐れがあるのです。

現実に、必要な書類が提出されないまま等級認定されてしまった事案がいくつもあります。

被害者請求とは?

一方で被害者請求とは、自ら書類を取得し、率先して進めていく方法です。

事前認定とは異なり、手続きの透明性が高くなるのですが、どうしても手間と時間がかかってしまう難点があります。

しかし、その分、必要書類が提出されないまま等級認定される恐れがなくなり、自身が求めていた等級が認定される可能性が高くなるのです。

被害者請求が絶対に有利?

上記だけを読んでみると、等級認定という点だけを見れば被害者請求のほうが絶対に有利なように見えます。

しかし、必ずしも被害者請求が有利というわけでもありません。

というのも、事前認定であっても被害者請求であっても等級認定の結果が変わらないケースはいくらでもあります。

であれば、手間も時間もかかる被害者請求を絶対に利用したほうが良いと言い切ることはできないのです。

また、事前認定で納得のいく結果にならなかったのであれば、被害者請求によって異議申し立てを行うことも可能となっています。

つまり、事前認定後にどういった対応ができるか?という点が非常に大事ということです。

当事務所ならでは対応方法

当事務所では、異議申し立ての対応に非常に優れています。

顧問医のサポートによって新たな意見書を添付できますし、診断書の記載内容も再度精査して申請できます。

後遺障害等級認定というのは、法律的というよりも医学的な要素が非常に大きいため、顧問医がいない事務所と比べると、明らかに良い結果を導いてくれています。

たとえ事前認定後であっても、当事務所であれば結果を覆すことも十分に可能と言えます。

症状固定からの一連の手続きに不安を感じている方は、ぜひ当事務所にご相談ください。