交通事故の慰謝料には3つの基準が存在する

一般的に、交通事故の慰謝料請求には3つの基準を用いて行います。

その3つというのが、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準と呼ばれるものです。

今回は、この3つの基準について基礎的な知識をご説明させていただきます。

自賠責基準の基礎知識

車やバイクを運転する方なら、「自賠責」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

自賠責とは、本来の名称を「自動車損害賠償責任保険」といい、車やバイクに乗る場合は必ず加入しなければならない保険です。

なぜ、必ず加入しなければならないかというと、交通事故を起こした場合、以下で説明する任意保険に加入している方なら、任意保険会社から慰謝料の支払いがなされますが、任意保険に加入していない場合、すべて自費で支払わなければなりません。

となれば、個々の資力の問題が出てきてしまい、極端な話、生活に余裕のない方が交通事故の加害者になった場合、被害者側に満足に慰謝料を支払えない恐れがあるのです。

これを防ぐため、被害者側に最低限度の支払いがなされる、自賠責保険の加入が義務付けられています。

しかし、あくまでも被害者への最低限度の支払いでしかないため、他の基準よりも金額が少なくなっている点は必ず覚えておきましょう。

任意保険基準の基礎知識

任意保険とはその名のとおり、自由意志で加入する保険のことです。

自賠責保険では補償されない範囲までカバーするだけでなく、オプションを付けることで対物賠償、搭乗者への補償、車両本体への損害についても補償される保険になっています。

また、慰謝料の基準については当然、自賠責基準よりも高いものとなっていて、通常の保険会社の規約では、「法律上の損害賠償金」と記載されていることが多く、以下で説明する弁護士会基準と同様の金額と言えます。

ただし、現実は保険会社が独自の基準で慰謝料の算定を行っているため、必ずしも弁護士会基準と同額になるわけではありません。

保険会社によっては、細かな理由をつけて金額を低くしようと講じるため、言われるままにならないよう注意する必要があります。

なお、当事務所であれば、豊富な実績と専門知識から、保険会社側の言いなりにはなりません。

適正な金額が支払われるよう、示談交渉を進めることが可能となっています。

弁護士会基準

弁護士会基準とは、裁判所基準などとも呼ばれ、過去の裁判判例を基に東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表している、「赤本(赤いカバーであるため)」による基準です。

弁護士会では赤本の他に、日弁連交通事故相談センター東京支部が作成している「青本(青いカバーであるため)」と呼ばれる書籍も出版され、裁判などでも用いられています。

この弁護士会基準は、上記2つの基準の中でもっとも高額となっていて、慰謝料請求するのであれば弁護士会基準が採用されるに越したことはありません。

しかし、弁護士会基準で請求しますというだけで実現するわけではなく、それなりの根拠を示して初めて認められる基準と言えます。

よって、弁護士会基準で慰謝料請求したい場合は、ぜひ当事務所にご相談ください。

個々の事案ごとに、適正となる金額を算定し、その金額が支払われるよう、保険会社側と示談交渉をし、場合によっては裁判も視野にいれて手続きを進めていきます。